•  
  •  
  •  
 
 
滕王閣のご紹介
国際級景勝地 | 国家AAAA級観光地
 
 
     滕王閣は、黄鶴楼、岳陽楼と共に「江南三名楼」と称されている。唐の永徽4年(653年)に、唐太宗の弟、「滕王」李元嬰が洪州の都督を務めていた時に滕王阁が初めて建てられ、初唐詩人王勃の書いた『滕王閣序』によって有名になった。文学家韓愈は「江南に臨観の美が多く有り、滕王閣は第一であり、珍しく立派な楼に相応しい」と称えた為、「西江第一楼」の名を持ち続けている。
滕王閣の建築群は、南昌市の撫河路赣江と撫河昔道の合流点に位置し、敷地面積が4 . 16ヘクタールである。城を背に川に臨んで、南浦に近く、唐代の閣の跡地よりも百メートルしかない、宋代建築に似てた大型古建築である。主体建築が全9階にあり、高さが57.5メートルで、面積が13000平方メートルである。主閣が碧瓦重檐、斗拱積層、画栋彩柱、雕門透窓、唐代の阁の「層台聳翠、重霄に越え、飛閣流丹、下臨無地」の雄大な勢いを保っている。閣に上がり、眺めたら、王勃が書いた「落霞、孤鶩と斉しく飛び、秋水長天と共に一色。」という風景が目下に広がって見える。閣内は、古風的に典麗、立派なものが沢山あり、「物華天宝」、「人傑地霊」(豊かな産物は天の恵みであり、優れた人間はその土地の霊気が育むもの)という江西省の輝かしい文化がすべて現れている。
物が換わり星が移り、世の中が転変、滕王閣は28回もの興廃を経ったものである。今の滕王閣は、1989年10月8日に落成された建築であり、史上29回目の再建となった。滕王閣は、2001年に中国初の4 A級観光地に指定され、2004年に国家級風景名所地の名にも付けられ、相次いて全国模範文明観光地、全国文明観光名所先進組織、中国文明観光名所、全国女性模範集団、江西省文明観光地などの名誉を勝ち取った。
滕王閣は、中華古代文明のシンボルである。
滕王閣は、世界に注目される歴史的な名楼である。